アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

オススメリンク

新宿の駅前の耳鼻科であなたの鼻や耳、喉を診てもらいましょう;新宿駅西口クリニック
難聴でお困りなら補聴器を使うことをオススメします。|愛眼株式会社
バイアグラのことなど、泌尿器科が埼玉にありますのでぜひ相談してみてください!前立腺肥大症などの性病についても相談できますよ!

医療の現状についての文章

懐中電灯を持つ医師

今の医療の現状は、色々と制度や法律が改正されて良くなってきてはいますが、なかなか問題は解決されてはいません。

老人の方々が特に受診することが多い、耳鼻科や泌尿器科がございますが、受診する患者さんに対しての医師の数不足が続いているため、回転率がなかなか上がらず病院での待ち時間が長いという問題はまったく解決されておりません。また、待ち時間が長いことに対しての診察時間の短さも問題となっており、患者さんの不満が解決されていないことが現状となっております。

医療の必要性
医療とは医術や医薬で病気やけがを回復させること、もしくは悪化を阻止させることです。そこに関わる医者にはそれぞれの専門を重点的に発揮する専門医と総合的に診療する総合医とがあります。総合的に診察をする医師にもやはり限度があり全分野に精通するということは期待できないでしょう。

内科、外科、整形外科というような看板はよく街中の開業医の診療所でもみかけますが、やはり耳鼻科、泌尿器科、眼科、婦人科など専門的に診察することが必要な科もでてきます。総合医と専門医の連携こそ効果的な医療を行う上で大切なことの一つです。

泌尿器科の必要性

ドクターと機材

泌尿器科とは尿が作られてから排泄されるまでの器官を診療する科です。

主に尿を作る腎臓から尿を貯蔵する膀胱、膀胱から排泄までの尿道・尿道口までが診療対象となりますが、尿検査などで体全体の異常をみつけたりもします。

男性では性病の診療にも利用したりします。

尿に血液やタンパクが含まれていれば重大な疾病の可能性もあります。糖尿病や腎臓疾患を患っている患者は早めに泌尿器科を受診し、早急に対処しなければ生命の危険にさらされるおそれもあります。

医療の概要
人間に生じる疾病・疾患などと呼ばれる問題を解決する行為の総称です。

その内容は、基本的に疾病を元通りにするか悪化を予防するかの二通りの目的、外科的か内科的かの二通りの手段の組み合わせによって決定されます。

基本的に、医師を始めとした国家資格者にしか医療行為は許されていません。

診療科は、内科、外科、耳鼻科、泌尿器科などが一般的ですが、美容を目的とした形成外科や審美歯科なども、使用する機器が共通しているため医療の定義範囲内に含まれます。

泌尿器科の概要

鼻炎

尿を排出する際に関わる体の器官、つまりは腎臓や尿管、膀胱などを診察、治療する医療科目です。

又、性器も診療対象に含まれていますが、女性は性器の疾患があった場合婦人科で診察することになるので、実際は男性器が主になります。具体的に陰茎や精巣、前立腺といった器官を診療します。

泌尿器科が扱う疾患は様々ですが、基本的に性器の外傷、及び癌、腫瘍、結石に対する処置です。近年では排尿障害や性感染症で訪れる患者も増えています。

泌尿器科受診の注意点
泌尿器科を受診する場合の注意点は、恥ずかしがらずにすべての病状をはっきりと医師に伝えることです。泌尿器は尿管、膀胱、尿道からなる尿の分泌と排泄を司る器官ということもあり、よほど悪くならないと、恥ずかしがって受診しなかったり、受診しても、はっきり言わなかったりして、手遅れになる場合があります。

特に悪性腫瘍の早期発見などには、ありのままを隠さずに伝えることによって、治療効果が上がります。おかしいと思ったら、早期に受診することと、恥ずかしがらずに病状を伝えることです。